私たちの活動

11月19日 本年度執行部が担当する11月度例会が開催されました。

11月度担当例会は,「 想いを馳せる〜2050年の中津川〜」をテーマに,メンバー同士で語り合い、未来の中津川への想いを高めていただくことを目的として開催されました。

第1部では,「中津川未来会議」として,メンバーが4グループに分かれ,2050年に中津川がなっていてほしい姿を考えました。そして,その姿になるためにはどのような活動をしていく必要があるのかを各グループで話し合いました。

第2部では,「グループ発表」として,各グループで考えた2050年の中津川の姿,そのための活動について発表が行われました。

コロナウィルスの影響で様々な活動が自粛となり,メンバー同士でざっくばらんに未来のまちについて語り合う機会も少なくなりました。そのような中で,改めてメンバー一人ひとりが考えるまちへの想いを話し合えたことはとても貴重な時間となりました。

また,各グループの発表では,「日本一の川遊びスポット」を目指し,川株式会社の設立や川委員会というものを作るというとてもユニークなものも見られました。

常識の枠にとらわれず,中津川の未来を心のままに思い描くことは,簡単なようで難しいと思います。今回,メンバー同士で楽しみつつもそれを真剣に話し合えたことはとても良い経験となりました。

また、例会最後の時間には、本年度入会した3名より、今年を振り返り、次年度の抱負を述べていただきました。

本例会を構築いただきました執行部の皆様,お疲れ様でございました。そして,参加してくださいましたメンバーの皆様,ありがとうございました。